PIAZZA LIFEについて
2022.07.05

【東京ドームシティ】全長約3mの巨大昆虫!?都内で昆虫と触れ合おう♪「ファーブルに学ぶ!体感する昆虫展 TOKYO」


昆虫が大好きなお子さま必見!本物のカブトムシやクワガタに触れ合ったり、約3mもの巨大昆虫ロボットに驚いたり、自然の中だけでは体感できないワクワクやドキドキを親子で楽しめる「ファーブルに学ぶ!体感する昆虫展 TOKYO」が7月8日(金)〜9月4日(日)まで東京ドームシティGallary AaMoにて開催。見て・触って・知る昆虫の世界とは?
昆虫研究の先駆者「ファーブルの世界」からスタート
「現実は常に公式からはみ出す」「見ることは知ることだ」など数々の名言を残し、強い好奇心を持って自然を愛した昆虫研究の先駆者アンリ・ファーブル。
2023年に生誕200周年を迎えることを記念して開催されるこのイベントは、会場が5つのエリアに分かれており「ファーブルの世界」からスタートです。

ファーブル『昆虫記』にちなんだ昆虫標本や、ファーブルが残した思い出の品など、ここでしか見られない貴重なアイテムは、ママ・パパも楽しめるスポット。
ファーブルが何度も登ったヴァントゥー山に履いていった山歩きの靴、いつも持ち歩いていたと考えられるルーペ、独学で数学を学んだファーブルが使用したコンパスなど、ファーブル自身が愛用した日用品から執筆した書籍まで幅広く展示しているのも見どころポイントです。ファーブル『昆虫記』を読んだことがない方も興味を持って学ぶことができます。

昆虫の目線でフンコロガシ体験?
「ファーブルの世界」で彼の哲学を知ったら、次はファーブルが研究した昆虫の習性を体験。会場内では、『昆虫記』の中でも有名な「スカラベの巨大ふん玉」や「ヌリハナバチ迷路」など、ちょっと変わった昆虫の生態を参加者が体感しながら楽しむことができます。
特に注目したいのが、自分の体よりも大きな動物のふんを転がして運ぶスカラベの生態。スカラベの目線になって体感する「スカラベの巨大ふん玉」は果たしてどのくらいの大きさなのか? ぜひ会場でチェックしてみてくださいね♪

「ふしぎなトンネル」を抜けて「巨大昆虫の森」へ
続いての体験は、イベントブースの中央にあるグルグルと回転する異次元の入り口「ふしぎなトンネル」。
このトンネルをくぐり抜ければ、そこは「巨大昆虫の森」です。約3mもの巨大昆虫ロボットが待ち受けているこの森では、まるで自分の体が小さくなったような気分を味わえます。
巨大昆虫を見上げると、普段目にすることができない昆虫の体の仕組みも丸わかり。手足も動く迫力満点の昆虫ロボットは迫力満点ですよ。
インスタ映えするフォトスポットですので、記念撮影も忘れずに!
人気の昆虫が大集結する「昆虫の生体展示」
カブトムシやクワガタなど、世界各地で生息する昆虫をたっぷり見ることができる「昆虫の生体展示」エリアでは、ヘラクレスオオカブトをはじめ、人気の昆虫生体を多数展示。

また、カプセル自販機で人気の『いきもの大図鑑シリーズ』より「かぶとむし」や「くわがた」フィギュアも併せて展示しているのも面白いところ。生体の構造をよりわかりやすく観察できるので、昆虫好きのお子さまは要チェックです。会場内では『いきもの大図鑑』のガシャポンも販売しますので、こちらもお楽しみください。

クワガタやカブトムシと触れ合う「昆虫ふれあいの森」
本イベント大きな目玉となるのが、生きたクワガタとカブトムシに触れることができる「昆虫ふれあいの森」。
日常では、なかなか目にする機会の少ない昆虫たちを実際に手に取って触れ合うことができます。生命力溢れる昆虫たちとの接触は、子どもたちにとっても貴重な体験になりそうです。

遊びと学び。都内で昆虫を体感する貴重なチャンス!
遊びながら昆虫について学べる趣向が盛りだくさんの「ファーブルに学ぶ!体感する昆虫展 TOKYO」。謎が多い昆虫たちのフシギを解明していく展示は、お子さまの知的好奇心を刺激してくれるはず。
夏休みのおでかけスポットに、ぜひ親子で足を運んでみてはいかがでしょうか♪


「ファーブルに学ぶ!体感する昆虫展 TOKYO」の詳細はこちら
>>【東京湾岸エリア取材記事】2022年夏休みのお出かけ特集
 
東京ドームシティ Gallery AaMo(ギャラリー アーモ)
感動を生み出すエンタテインメント性とアートの融合による、“楽しさ”と“ライブ感”を体験できる大人のための“遊べる”ギャラリー。
最先端のアートから、工芸、サブカルチャーまで、様々なジャンルの催事を1~3ヶ月ごとに入れ替えながら継続的に展開していきます。
  • 東京都文京区後楽1-3-61
    東京ドームシティ クリスタルアベニュー沿い
  • 東京ドームシティわくわくダイヤル
    03-5800-9999
  • 2022年7月8日(金)~9月4日(日)
    ※開催期間中無休
    10:00~18:00(最終入館は閉館30分前)
  • https://www.tokyo-dome.co.jp/aamo/
  • JR・都営地下鉄三田線 水道橋駅よりすぐ
    東京メトロ丸ノ内線・南北線 後楽園駅から徒歩5分 など

この記事をシェアする

sns share